トップ > 病院について > シミズ病院について

シミズ病院について

シミズ病院は、シミズ病院グループの中核施設で救命救急を使命とし、脳神経外科を中心に高度で質の高い医療を提供しております。
主要な設備としては、MRI(GE横河SIGNA HDx 1.5T)、CT(東芝 Aquilion64)、DSA(シーメンス社AXIOM Artis dBA Rebio)、高気圧酸素治療装置、CUSA・手術用顕微鏡(カールツアイス社 OPMI Pentero)などを設置しております。

当病院は、脳神経外科を中心とする24時間の救急病院です。入院ベッド数143床、うち脳神経外科専用は120床・検査や手術も24時間体制で臨んでいます。 また、脳神経外科の手術は緊急並びに長時間を要するため、熟練した看護師を手術室に配置し運営しています。
地域の病・医院との連携も密にしており、紹介患者様は必ず受け入れることを鉄則にしております。

また、当病院と洛西シミズ病院は専用の救急車をそれぞれ一台ずつ配備し、他の医療機関から要請があった時等は急変に備えて可能な限り、医師又は看護師が救急車に同乗し迎えに行くようにしております。
リハビリテーション部門を充実させ理学療法・作業療法・言語療法にも力をいれ、術後や急性期の早期リハビリテーションにも対応しております。
近年では診察室を増設し、脳神経外科は3診制(曜日により2~4診制)を導入し、待ち時間の短縮に努めております。また外来診療では当日検査、当日診断をモットーに日々診療を行っております。

基本方針

  • 患者さまの人格を尊重し、わかりやすい説明と納得、同意に基づいた信頼される医療を提供します。
  • 脳疾患専門医療施設として、高度先駆的な医療を提供します。
  • 地域医療機関との連携と、救急医療の充実により地域の方々に安心できる医療を提供します。
  • 効率的で健全な病院運営と、 清潔で安全、快適な療養環境の確保に努めます。
  • すべての職員は親切で優しい対応を心がけるとともに、常に自己研鑽に努めます。

医療安全管理指針

  • 基本理念
        医療現場では、医療従事者のちょっとした不注意等が、医療上予期しない状況や、望ましくない事態を引き起こし、患者の健康や生命を損なう結果を招くことがある。
    われわれ医療従事者には、患者の安全を確保するための不断の努力が求められている。さらに、日常診療の過程に幾つかのチェックポイントを設けるなど、単独、あるいは重複した過ちが、医療事故というかたちで患者に実害を及ぼすことのないような仕組みを院内に構築することも重要である。
        本指針はこのような考え方のもとに、それぞれの医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、医療施設全体の組織的な事故防止対策の二つの対策を推し進めることによって、医療事故の発生を未然に防ぎ、患者が安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標とする。本院においては病院長のリーダーシップのもと、全職員がそれぞれの立場からこの問題に取り組み、患者の安全を確保しつつ必要な医療を提供していくものとし全職員の積極的な取組みを要請する。
    ⇒全文はこちらをクリック

患者さまの権利と責務

 私たちは、患者さまが次の権利を有していることを認識し、これらを尊重いたします。
  • 人としての尊厳を保ち、良質な医療を受ける権利。
  • わかりやすい説明を受け、自分の意思で治療方法などを同意・拒否する権利を有し、拒否した場合にも起こる医学的結果について知る権利。
  • プライバシーへの配慮を求める権利。
  • 思いやりのあるサービスを受ける権利。
  • 一方、患者さまにも他の患者さまの治療や病院職員による医療提供に支障を与えないように配慮する責務が生じます。

シミズ病院外観