トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

看護部

   

 ご挨拶

                                                                                                                                                                                                        

 

                                                         亀岡シミズ病院

                                                             看護部長

                                                              畑田 宏美

  病院の基本理念「患者さん中心の安全で質の高い医療を実践し、信頼され満足を与える病院・地域密着し開かれた病院を目指します」に基づき、安全で安心そして、患者さんやご家族に満足して頂けるよう、「優しさと思いやりのある心」をもってケアが提供できるよう取り組んでまいります。また、地域住民の皆さんが住み慣れた地域で安心して生活できることを目指して努力していきたいと考えております。 
どうぞよろしくお願いいたします。                                           

                                   

                                                                                   

【亀岡シミズ病院看護部】

亀岡シミズ病院は一般病棟92床、医療療養病棟85床を有し、南丹医療圏の急性期から慢性期までの外来・入院治療の提供をしております。さらに医療相談、各利用者のニーズに合った在宅介護支援介護サービスの充実をはかり、切れ目のない医療と介護・福祉の提供をし、地域の患者さんが安心して生活できるよう地域密着型施設を目指しております。

看護師は人の命、人生に関わる重要な仕事です。より良い看護を提供するためにも「看護とは何であるか?」「自分の果たすべき役割」について、主体的に考え、責任を持って行動できる自律した看護師の育成を考えています。また、子育てナースが多いことからワークライフ・バランスを大切にしながら、人が育つきやすい職場環境作りとキャリアアップができるように努めております。 そして「亀岡シミズで看護・介護をしてもらってよかった」「あなたが側にいてくれたから安心」と言って頂けるよう、地域住民の皆さんの期待にそえる、地域に根ざした看護部となるよう努力していきたいと考えております。

 

【看護学生・就職希望の方へ】

当院では、急性期から慢性期の看護・介護、在宅まで幅の広い分野が経験できます。自分の「やりたい看護・なりたい自分」を探してみませんか

 

 
 
 
 

 看護部基本理念

私達は病院の理念・基本方針に基づき、患者さま・利用者さまに優しく思いやりのある心で、安全で安心・信頼され満足いただける質の高い看護・介護を提供します。

  

 

 

  看護部基本方針

1. 患者(利用者)さまの意思を尊重し、患者(利用者)さまとご家族が参画できる看護を実践します
2. 安全管理に取り組み、安全で安心・満足できる看護を提供します
3. 医療チームの一員として、自立した行動をとります
4. 看護専門職として知識・技術向上のための自己研鑽に努めます
5.看護者の倫理綱領を遵守します
6.積極的に病院運営に参画します

 

 

 

 平成31年度看護部目標

1.患者や家族に安心・満足・納得していただける看護を提供する 

1)倫理に基づいた看護・介護・接遇の実践

2)5S活動・医療安全・感染防止の強化

3)糖尿病ケア、認知症ケアなどチーム医療の促進

 

2.専門性の高い看護が提供できる人材育成

1)クリニカルラダーを用いた看護実践能力の向上

2)キャリアや役割に応じた人材育成

3)継続的な自己研鑽支援により看護の質を維持・向上

 

3.健康で安全な働き続けられる職場環境づくり

1)ワーク・ライフ・バランス推進事業の取り組みを推進する

2)職員の健康管理・労務管理を強化しいきいきとした職場環境を確保する

 

4.急性期から在宅まで切れ目のない看護提供により地域医療に貢献する

1)訪問看護ステーションとの連携強化

2)患者の思いを大切にした退院調整・退院支援の充実

 

5.健全な病院経営に参画・貢献する

1)患者の病期にあった病床機能運用と効率的な病床運用

2)目標達成に向けた業務改善

 

 

 経年別現任教育・研修

 

 

 教育制度

 ・現任教育は、個人の段階にあわせた研修と看護部全職員参加研修の院内教育と院外教育で行っています。
 
 
 
 
 
 ・院内現任教育は1歩ずつ着実に看護実践能力をつけていくようにプログラムしています。
 ・段階別研修は各段階のレベル目標に到達するように多彩な内容で実施しています。
  
 
 
 
 

 新人看護職員研修

新人看護職員は、1年間かけて専門職としての基本的姿勢と態度、技術的・管理的側面を習得して、「一人前」に成長してもらうように支援します。
 
 
 
 
 
 

 全職員対象研修

セーフティマネジメントは全職員に知ってほしいから、毎年集合教育を実施しています。またリフレッシュ研修・トピックス研修も開催して自己啓発のモチベーションを高めてもらっています。 
 
 

 ブランクがある方、中途採用、育児休業後の方対象研修

安心して現場復帰できるように、医療安全管理や新しい看護知識や技術講習などの研修体制をとっています。

 

 

   

 

 

 各部署案内 【施設基準10対1(一般58床、障害34床)】

 

■3病棟

チームカンファレンスの充実をはかり、個別性・継続性のある看護を実践します

 

  

 

■4病棟

患者さまが、安心して笑顔(Smile)で入院生活を過ごしていただけるよう、いつも、笑顔で安全(Safety)な援助(Support)をします!!

 

 

 

 

■医療療養型病床群(3R)

患者さまやご家族に十分な説明や指導ができ、満足(Satisfy)いただける看護師であること

向上心を忘れることなく、自己管理(Self Control)のできる強い(Strong)看護師であること

 

 

 

■医療療養型施設(2R)

優しい看護の提供(同じ看護行為を行っても、優しい言葉かけや笑顔(Smile)や思いやりで、患者さまやご家族の、苦痛の度合・安心度・満足度(Satisfy)が違ってくる)

 

 

 

 

 

 ■外来

検査等の説明をわかりやすく指導できる知識を持ち、信頼される看護師になる

 

 

 


■中央材料室・手術室

Smartな業務をこなせるよう、日々の経験・学習を大事にし、正しい信念を通せる看護師を目指しています!