トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

看護部

 

ご挨拶

 

 

                シミズ病院                                 

             看護部長

             認定看護管理者

    小林ゆかり

 

 

 

シミズ病院看護部のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

当院は、脳外科を中心に24時間365日、救急の受入れ、緊急検査・血管内治療・手術ができる体制をとり、看護師もそれぞれの立場で日々、奮闘しております。

看護の基本は患者中心です。患者中心とは患者の思いに寄り添えているか、相手に関心を持っているか、相手の立場に立って考えているかということだと認識しています。さらに重要なことは常に看護倫理に基づいた行動がとれているかということです。「目の前の人に焦点を当て、この人は何を望んでいるか。私たちに何ができるのか」と常に考えながら日頃の看護実践ができるよう指導・教育に取り組んでいきたいと考えています。また、ひとり一人が「自分の目指すもの」に向け、しっかり考え、行動できる看護師になって欲しいと期待しています。

京都府内でも脳卒中の症例も多く、SCU18床を有しています。「脳外科の勉強をしたい」と考えている看護師および看護学生の皆さん、当院で一緒に働きましょう。

 

看護部基本理念

私たちは、患者さまの人権を尊重し、
安心で快適な入院生活が送れるよう、安全な看護技術・専門知識を提供し、
納得いただける、誠実で思いやりのある、質の高い看護を目指します。

 

 

 看護部基本方針

■患者さま一人ひとりの人権を尊重し、思いやりのある看護を実践します。
■患者さまのQOLを尊重し、思いやりのある看護を実践します。
■脳疾患専門医療施設として、チーム医療を推進し医療チームの一員として看護の専門性を発揮します。
■看護の質向上のために、継続学習や自己啓発に努めます。
■組織の一員として、看護の立場で積極的に経営に参画します。

 

 

平成29年度看護部目標

1.患者の人権を尊重し、誠実で思いやりの心を持って安心・安全な看護を提供する
1)倫理的感性を養い、看護倫理に基づく看護を実践する
2)医療安全強化・感染防止対策・褥瘡対策を強化し、患者の安全を確保する
3)チーム医療の提供
4)救急患者受入れと脳卒中治療開始時間短縮にむけた体制整備

 

2.専門性の高い看護実践能力を持ち、自律した看護師を育成する
1)クリニカルラダーに沿って、自主的に研修企画運営に参加する
2)自らの目標を立て、自律し自己研鑚する
3)ケーススタディや看護研究に取り組み、看護実践の評価や改善を目指す

 

3.魅力ある職場環境への取り組み
1)ワーク・ライフ・バランスワークショップ事業へ参加
2)働きやすい職場環境つくりへ向けた業務改善

 

4.経営へ積極的に参画する
1)ひとり一人が目標管理を実践し、目標達成に向けて取り組むことで組織に貢献する。
2)一般病棟入院基本料7対1の維持
看護時間の確保、平均在院日数18日以内
看護必要度を正確に評価し25%以上を維持する
3)SCUの効果的運用
 

新人教育制度

現任教育は、個人の段階にあわせた研修と看護部全職員参加研修の院内教育と院外研修で行っています。

新人看護職員は、1年間かけて専門職としての基本的姿勢と態度、技術的・管理的側面を習得して、「一人前」に成長してもらうように支援します。

 

 

①院内現任教育は1歩ずつ着実に看護実践能力をつけていくようにプログラムしています。
②段階別研修は、各段階のレベル目標に到達するように多彩な内容で実施しています。 

 

 段階別教育研修の具体的内容

  

 

 

新人教育組織体制

   

 

 全職員対象研修

 

 

ブランクがある方、中途採用、育児休業後の方対象研修

安心して現場復帰できるように、医療安全管理や新しい看護知識や技術講習などの研修体制をとっています。

 

 

  

各部署案内 

 

   

 

 





 

 

先輩からのメッセージ