トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

神経内科

理念・方針

 

神経内科では、頭痛、めまい、もの忘れ、手足の不自由、しびれ、けいれんなどといった神経症状がある方の診療を行います。神経疾患にはこのような症状が脳卒中のように突然起こる病気と、パーキンソン病のようにゆっくり起こってくる病気があります。治療により良くなる病気もありますが、手足の不自由を持ちながら生活しなければならない病気もあります。

 患者さんの症状、経過そしてMRI,CT,脳波や血液などの検査に基づき、適切な診断と治療を行います。障害と共に暮らすことを余儀なくされた患者さんには、不自由を軽減できるように支援態勢の構築を含めた診療を行います。温かい診療を行うことを心がけています。
 

 

診療内容

急に起こる病気としては脳卒中があります。半身の麻痺やしびれ、言葉のもつれなどが突然生じ、頭痛やめまいを伴う事があります。迅速な診断と治療を要しますが、シミズ病院では脳神経外科が中心となって24時間体制で診療し、神経内科も協力しています。

脳炎、髄膜炎は頭痛が吐き気や発熱を伴って急に起こることが多い病気で、原因、種類に応じた治療を行います。
数日のうちに両手足がしびれ、麻痺してくる病気にギランバレー症候群があり、もっとゆっくりしびれが生じてくるものに慢性炎症性脱髄性多発神経炎があります。これらにはガンマグロブリンの大量療法が有効です。この他にもガンマグロブリンや副腎皮質ステロイド剤、免疫抑制剤などによる治療が有効な、自己免疫神経疾患と呼ばれる病気があります。半身のしびれや複視など多彩な症状を繰り返す多発性硬化症、筋肉が疲労しやすい重症筋無力症、四肢の筋肉に力が入らず痛みを伴う多発性筋炎などが、自己免疫神経疾患に属します。
けいれんや意識を失う発作を繰り返すてんかんは、発作の種類に基づく治療を継続することで、発作を抑制できます。強い頭痛を繰り返す片頭痛はもっともよくある病気の一つですが、新しい頭痛薬を適切に使うことにより、苦痛を随分和らげることが可能となっています。
神経難病は徐々に症状が進行します。そのうちパーキンソン病は、手足がふるえ動作が鈍くなり歩き難くなる病気ですが、治療法が開発されてきており、症状をかなり良くすることができます。酔っぱらった時のように言葉や手足がもつれる脊髄小脳変性症や、手足の筋肉が痩せて力が入らなくなる筋委縮性側索硬化症に対しては、現在のところ進行を止める有効な治療法はありません。対症療法を行うと共に、障害があっても生活の質を少しでも良く保てるように、療養環境の改善や生活の仕方の工夫を医療の立場から支援します。
認知症はもの忘れなどの知的機能障害が徐々に進行する病気で、高齢者社会にあって急増しています。認知症のうちアルツハイマー病に対しては、症状を軽くする薬が開発されてきました。血管障害性認知症に対しては、脳卒中の予防と同様の治療により進行防止が期待できます。妄想や徘徊など認知症の周辺症状と呼ばれるものに対しては、薬物療法や環境整備により軽減できることがあります。このほか介護者のサポートも含めた適切な医療、介護支援態勢の構築を行います。
神経疾患の診断のために血液尿検査、髄液検査、CT・MRI検査の他、脳波・神経伝導速度や筋電図などの検査(電気生理学的検査)を行います。電気生理学的検査はグループ病院である洛西シミズ病院で行っています。

病院内やグループ内の連携のみならず、必要時やご希望によっては、京都大学神経内科などの大学病院や他病院の神経内科に紹介し、他の病院とも連携して診療します。

 

スタッフ紹介

氏 名 役職
種田 二郎 統括副院長・部長・脳卒中センター長・SCU管理者
資格、経歴等
    日本老年医学会認定老年病専門医
    日本脳卒中学会専門医
    日本内科学会認定医