トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

整形外科

特色

シミズ病院整形外科は、洛西シミズ病院ならびに亀岡シミズ病院の3つの整形外科が緊密な連携をとって整形外科診療にあたっています。本院の整形外科は外来診療のみですが、手術あるいは入院治療を必要とする患者さんは速やかに洛西シミズ病院に転院あるいは搬送できる体制をとっています。整形外科診療において欠かせないリハビリテーションは、経験豊富な理学・作業療法士が担当し、入院あるいは手術後に積極的に行い、早期の社会復帰を目指しています。
整形外科の医師数は、3つの病院(シミズ病院、洛西シミズ病院、亀岡シミズ病院)を合わせますと、常勤は専門医7名、後期研修医2名、非常勤は5名(全員専門医)、計14名であり、脊椎、上肢および下肢におけるほとんどの整形外科的疾患と外傷に対応することができます。これら3つの病院の整形外科における年間外来受診者数は約38,100名(初診:約5,100名、再診:約33,000名)、年間手術件数は約800~900件となっています。

各専門分野における主な疾患・外傷と担当医(2018年6月現在)
・ 脊椎外科
*主な疾患・外傷頸椎症性神経根症・脊髄症、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎・胸椎後縦靱帯骨化症、 腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、化膿性脊椎炎、脊椎骨折・脱臼など
*担当医:矢津匡也(洛西シミズ病院所属)
・ 肩外科
*主な疾患・外傷五十肩、肩関節部の石灰化腱炎・滑液包炎、肩腱板損傷、肩関節唇損傷、上腕二頭筋腱傷害、肩関節の脱臼・骨折、鎖骨骨折、肩甲骨骨折、上腕骨骨折など
*担当医:福西邦素(亀岡シミズ病院所属)
・ 肘・手外科
*主な疾患・外傷テニス肘、野球肘、肘関節離断性骨軟骨炎、変形性肘関節症、肘関節の靱帯損傷・骨折・脱臼、肘部管症候群、手根管症候群、上腕骨顆上骨折、前腕骨骨折、手関節部の骨折・腱鞘炎、ばね指、手指の骨折・腱損傷など
*担当医:石津恒彦(洛西シミズ病院所属)  廣藤真司(洛西シミズ病院所属)
・ 股・膝関節外科
*主な疾患・外傷変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、股関節の脱臼・骨折、大腿骨骨折、変形性膝関節症、膝関節特発性骨壊死、膝関節、分裂膝蓋骨、半月損傷、膝関節の靱帯損傷・軟骨損傷・骨折、下腿骨骨折など
*担当医:田村竜一(洛西シミズ病院所属)  万波誠(洛西シミズ病院所属)
・ 足の外科
*主な疾患・外傷変形性足関節症、扁平足、外反母趾、内反小趾、足根骨癒合症、モートン病、足関節の靱帯損傷・骨折、距骨骨軟骨損傷、足関節・足部疲労骨折、足関節インピンジメント、アキレス腱傷害、足の靱帯損傷・骨折など
*担当医:奧田龍三(シミズ病院所属) http://dr-guide.net/www/奥田龍三/

 

スタッフ紹介

 ; 氏 名 役職
奥田 龍三 副院長・部長・足の外科センター長
資格、経歴等

   日本整形外科学会認定医

   日本整形外科学会研修指導者

   日本整形外科認定リウマチ医

   日本整形外科運動器リハビリテーション医

   臨床修練指導医

   日本足の外科学会理事

   日本靴医学会理事

   日本骨折治療学会評議員

   中部日本整形外科災害外科評議員

   近畿足の外科症例検討会世話人

   関西臨床スポーツ医・科学研究会幹事

   医学博士

 

   医師の紹介されているサイトへのリンク

   http://dr-guide.net/www/奥田龍三/