トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

リハビリテーション科

方針・理念

    リハビリテーション科では、患者様や家族の方々と共に障害を乗り越え、その方々の立場に立ち、様々な障害に対し機能面、動作面において向上を図り、患者様の生活の質を高めていくことを目指しています。
脳血管疾患を中心に、急性期から理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が関わり、さらに呼吸器疾患に対する呼吸リハビリテーションや言語聴覚士による摂食機能訓練も実施しています。また退院される患者様の自宅にスタッフが訪問し住宅改修等のアドバイスも行うなど、急性期から在宅支援まで地域に密着したリハビリに携わっています。
医師、看護師、ケースワーカーと共にカンファレンスを毎週開催し、情報の共有と目標の統一を図り、より質の高い医療の提供を目指して取り組んでいます。
 

 

 

患者様へのメッセージ

    リハビリテーション科は、理学療法士9名、作業療法士6名、言語聴覚士3名、物療マッサージ師2名(1名補助)、事務職1名で成ります。若いスタッフが多く活気があり、スタッフ間の関係も良く、毎日楽しい環境のもと仕事に励んでいます。
リハビリテーションは患者様の協力なくしては成り立たない仕事です。患者様が直面している状況を理解し、その障害に対して共に乗り越えていく思いが、信頼関係を構築するうえで欠かすことができないと考えております。
スタッフ全員が親切で丁寧な対応を心掛け、より良く安心してリハビリを受けて頂ける医療の提供を目指しております。