トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

消化器内科

方針・理念

消化器内科外来は月曜・火曜・木曜・金曜の4日間ですが、要請があれば随時対応しています。また、上部消化管内視鏡は月曜・火曜・木曜・金曜の午前に、下部消化管内視鏡検査については月曜・火曜・木曜・金曜の午後に施行しています。

 

 

診療内容

1. 早期胃癌については内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)が必要な際には当院グループ内で施行しております(困難例は大阪医科大学、京都府立医科大学等他施設に依頼しています)。外科手術が必要な症例に関しては当院もしくは当院グループ内で実施しています。また、胃癌2次検診の胃カメラも可能ですのでお気軽にご相談ください。

 

2. 胃十二指腸潰瘍からの出血例に対しては、クリップ・HSE局注・エタノール局注・アルゴンプラズマなどの手技により止血をしています。内視鏡的に止血が可能でありますが、外科的処置が必要な際には当院外科医(重城)に依頼しています。

 

3. 食道静脈瘤の破裂例・待機例に対しては、内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)・内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS)を施行しています。食道静脈瘤症例は、全身状態が不良なことが多いですが、これについても当院では積極的に受け入れています。また、孤立性胃静脈瘤に対しては、バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)もしています。

 

4. 経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)については、当院はシミズグループと言うこともあって脳神経疾患の患者様が多く、このためPEGの対象者が他施設より非常に多いのが現状であります。感染予防のためオーバーチューブタイプを選択していますが、セルジンガー法も施行しています。

 

5. 大腸ポリープに対しては、内視鏡的粘膜切除術(EMR)を施行しています。EMR後、様子観察のため原則1泊入院をお願いしています(ポリープが大きい場合にはさらに延長)。大腸癌検診の2次検診も行っています。鎮静剤も使用していますので、比較的苦痛がなく検査処置をうけることが可能ですので、症状のある方や検査に不安のある方は是非当院を受診して下さい。

 

6. 原因不明の消化管出血(上部・下部消化管ともに異常なし)に時に遭遇することがあります。この場合には、小腸の精査が必要となりますのでカプセル内視鏡・ダブルバルーン内視鏡目的でそれらの設備のある他施設に依頼しています。

 

7. 肝癌については、EOBプリモビストによるMRI、マルチスライスによるCTなどを駆使して小病変の検出も可能となっていますので、肝硬変患者でハイリスクの患者さんには有用と思われます。治療に関しては当院もしくは当院グループ病院で主に実施いたします。また、読影・診断は滋賀医大放射線科医師により高度な診断を行っております。

 

8. 胆道・膵疾患の精査であるERCPは、当院もしくは当院グループ病院で主に実施いたします。超音波内視鏡での精査が必要な症例に関しては他院での検査を依頼いたします。ただし、切除胃のためERCPが不可能な症例、十二指腸が狭窄しているため乳頭に到達できない症例については経皮経肝胆道ドレナージ術(PTCD)・経皮経肝胆嚢ドレナージ術(PTGBD)などにて対処、もしくは小腸内視鏡による挿入が必要な場合には他院に依頼しています。

 

 

患者さんへのメッセージ

当院は地域に密着した、きめ細かい、やさしい医療をめざしています。胃カメラ・大腸カメラについては、苦痛を軽減するために鎮静剤を注射して施行することが可能です(患者様には楽であったとの評価を頂いております)。また、経鼻内視鏡もありますので、胃カメラに不安を抱く患者様がおられましたらお気軽に当院を受診して下さい。