トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

外科

方針・理念

当科では、従来の開腹手術と共に、腹腔鏡下手術の適応拡大を行っています。従来の開腹手術は、確実性の面で、腹腔鏡下手術に比べ勝っています。一方、腹腔鏡下手術は、小さい手術創から、鉗子その他を入れることにより行うため、出血量が少ない、術後の疼痛が少ない、腸管麻痺が早く改善するなどの利点があります。それぞれの特徴を生かす判断が求められますが、誠心誠意努力を積み重ねていきたいと思います。
救急の消化器疾患への対応にも勤めています。消化管の出血に対しては、消化器内科と共同で内視鏡的止血術に当たり、胃瘻造設術も多数行っております。
その他、救急医療への対応にも勤めています。

 

腹腔鏡手術について

当院外科では腹腔内手術を行っております。
腹腔鏡手術はそもそも腹部の検査として始まり、お腹を小さく切開し腹腔鏡を入れ、覗いて目で見るという方法です。
1980年代より徐々に治療にも応用されるようになり、腹腔鏡も手術に利用されるようになり、当初は婦人科領域で使用され始め、胆のう摘出術に応用され、1990年代前後より色々な外科手術に応用されるようになりました。
現在では大腸、胃、食道の手術、肝臓の手術、副腎、腎臓の手術あるいは前立腺の手術にまで腹腔鏡手術が行われております。
腹腔鏡の色々な手術への応用は外科技術の発達と共に、医療器具の進歩によるところが大きいと思われます。
腹腔鏡手術の利点は、大きな開腹をせず小さな切開創で手術するため傷が小さくなること、腸管麻痺が開腹術に比べ少ない、疼痛が少ない等体の負担が少なくなることがあげられます。一方では手術時間が長くなることや器機にも限界があり開腹術に移行せざるを得ない場合も時々あります。
今後も腹腔鏡手術はますます発展していくことと期待されております。
当院では最新の技術を取り入れ、インフォームドコンセントを充分に行い、患者様に適した治療法を提案して参ります。

 

施設認定

・日本外科学会専門医制度関連施設

 

スタッフ紹介

  氏 名 役職
重城 博一 副院長・部長
資格、経歴等
    日本外科学会専門医