トップ > 病院について > 脳神経外科について

脳神経外科・脳卒中センターについて

脳神経外科・脳卒中センターの体制

脳神経外科の体制

主な診療内容

  • 脳卒中/脳血管障害(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血、脳動脈瘤、脳動脈奇形、脳血管の閉塞・狭窄など)
  • 脳腫瘍(髄膜腫、転移性脳腫瘍、聴神経腫瘍、膠芽腫、星細胞腫など)
  • 脊椎脊髄、末梢神経疾患
  • 顔面・頭部外傷
  • 機能的疾患(顔面けいれんなど)

24時間の救急体制

24時間の救急体制

シミズ病院では、地域に深く根付いた二次救急指定病院として、24時間体制で常時救急患者の受け入れを行っています。
脳神経外科関係では、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)が最も多く、次いで頭部外傷と様々な患者様が救急搬入されております。 脳神経に関する救急では、1分1秒が命取りになり、時間との戦いとなることが多くあります。
シミズ病院では、常に脳外科医を2名が当直し、手術には熟練した看護師を配置して常に救急患者の受け入れができるように救急体制を組んでおります。


脳神経外科・脳卒中センター 診断システム

シミズ病院では、予約なしで初めて受診された患者様でも、その日のうちに必要な検査とその診断結果の説明まで、可能な限り実施するよう心がけております。
また、救急ではMRIを24時間対応しています。

MRI画像

MRI

CT画像

CT

脳血管内手術

カテーテルという非常に細い管を血管に挿入しクモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤や脳梗塞の原因となる血管の狭窄等を治療する新しい治療方法です。従来の開頭術では治療困難であった疾患に関しても治療が可能となってきています。

脳血管内手術では開頭を行い脳を直接触る事がない為、体に対する負担が非常に少ないのが特徴です。
また、剃毛や頭に傷が残らない等美容面でも優れています。未破裂脳動脈瘤の場合は平均1週間前後の入院にて治療を行うことが可能です。 当院では最新鋭機器を導入し、様々な症例を治療してきた経験豊富な日本脳神経血管内治療学会指導医、専門医を配置しております。

患者様とのインフォームドコンセントを十分に行い、患者様の悩み、不安を1つでも解消し、安全で確実な治療を心がけております。


脳神経外科的手術について

毎年約400例の脳神経に関係した外科的手術があります(2010年実績で383例/血管内およびガンマナイフ治療を除く)。

脳卒中の手術としては、くも膜下出血や脳ドック等で見つかった脳動脈瘤に対して行うクリッピング術や、脳血管の閉塞や狭窄に対するバイパス術があり、患者さんの病状や病態ごとにより安全で有効な治療法を検討し、外科的治療を行っています。
脳腫瘍についても、術中のモニタリングや術前に栄養血管を血管内治療で閉塞させたり、またガンマナイフ治療と組み合わせたりと、より安全な外科治療を計画しています。

脊椎脊髄については、頸椎前方固定や椎弓形成、腰椎のヘルニア摘出、固定術等があり、顕微鏡を用いた安心確実な手術を心がけています。


ガンマナイフについて

ガンマナイフについて

ガンマナイフ治療は、頭を切開せずに脳腫瘍、脳動静脈奇形、三叉神経痛等の治療をする方法です。

詳しくはこちら

急性期からリハビリテーション

リハビリテーション部門では、総合リハビリテーション(理学療法・作業療法・言語療法)により脳卒中、頭部外傷などによるマヒのある患者様には、入院後は早期からリハビリテーションを開始しています。
急性期のリハビリテーションを経て回復期のリハビリテーションを継続して行っており、退院に向けた日常生活に必要なリハビリテーションを行うことも出来ます。言語聴覚士による摂食機能療法も積極的に行っております。

シミズ病院グループでは急性期から集中的なリハビリテーションを行う事により患者様を社会復帰まで支援する仕組みを整えており、今後はリハビリ病棟・障害者病棟・回復期病棟などの拡充を予定しています。

在宅・介護支援

シミズ病院グループでは高齢患者で長期リハビリが必要な患者様には、ひまわりの里、ふないの里などの介護老人保健施設にて社会復帰のためのプログラムを組み、リハビリテーションに励んでいただけます。
自宅での介護をお望みの方には、デイケア(通所リハビリテーション)や在宅介護の訪問リハビリテーションにより、日常生活に必要なリハビリテーションを行う事も出来ます。 介護老人保健施設、通所リハビリ、訪問リハビリ、デイサービス、訪問看護、訪問介護、居宅介護支援事業、場合により医師の往診など充実した支援体制が整っています。