トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

看護部

 

ご挨拶

 

            洛西シミズ病院

               看護部長 

               浦野 貴子 

清仁会洛西シミズ病院看護部は、病院理念のもと「人間愛に根ざした医療・看護」を実践しています。
 

当院は、整形外科領域を中心とした周手術の急性期医療を担うとともに、京都府下唯一のガンマナイフセンターを有した、高度な診療体制の充実した病院で、回復期リハビリテーション病棟100床を有し、在宅復帰を目指して専門職種がチーム医療に貢献しています。

看護部は、患者様の人権を尊重し、患者様一人ひとりの思いに寄り添い、その人らしさを引き出す看護を提供しています。

また、看護の専門性を発揮し、患者様の夢に1歩ずつ近づける創意工夫の出来る看護師の育成を目指しています。

患者様の笑顔が看護職員の原動力になり、生き生きと働く職場づくりにつながっています。

地域の皆様に愛される病院づくりを目指し、患者様に満足していただける質の高い看護が提供できるよう、スキルアップが目指せる教育環境も整えており職員が働き続けられるよう、ワークライフバランスに取り組んでいます。

笑顔の絶えない楽しい職場で私たちと一緒に看護しましょう!

 

 

 
 

看護部理念・目標・概況

 

 

 看護部基本方針

1.患者様の意思を尊重し、十分な説明と意見を取り入れた看護を提供します。
2.患者様のQOLを尊重し、安全で安楽で質の高い看護を提供します。
3.チーム医療を推進し、患者様の自立へ向け身近な支援者として協働します。
4.看護職員の教育促進、専門職として継続学習や自己啓発でキャリア開発を図ります。
5.看護者の倫理綱領を遵守します。
6.積極的に健全経営に参画します。
   

 

 看護部看護部会議・研修・委員会組織図

 

 
 

看護部教育方針

 
 

教育制度

 ・現任教育は、個人の段階にあわせた研修と看護部全職員参加研修の院内教育と院外教育で行っています。
 
 ・院内現任教育は1歩ずつ着実に看護実践能力をつけていくようにプログラムしています。
 ・段階別研修は各段階のレベル目標に到達するように多彩な内容で実施しています。
  
 
 

新人看護職員研修

新人看護職員は、1年間かけて専門職としての基本的姿勢と態度、技術的・管理的側面を習得して、「一人前」に成長してもらうように支援します。
 
 
  

全職員対象研修

セーフティマネジメントは全職員に知ってほしいから、毎年集合教育を実施しています。またリフレッシュ研修・トピックス研修も開催して自己啓発のモチベーションを高めてもらっています。
 
  
  

ブランクがある方、中途採用、育児休業後の方対象研修

安心して現場復帰できるように、医療安全管理や新しい看護知識や技術講習などの研修体制をとっています。

 

 

  

平成29年度 新人看護職員教育研修計画

 

  

    

                                 

    

                                                

 

 

 

各部署案内

■3階病棟
地域包括ケア(31床)

 
 

 

 

~ みんなで心がけていること ~

いつも笑顔で明るい環境を心がけ他機種とのコミュニ

ケーションを大切にし安全で安心・満足・納得していただ

ける看護の提供を目指します

 

主な診療科
整形外科・脳神経外科・神経内科・外科
看護の状況
・平成28年4月1日から31床の地域包括ケア病棟として運用を開始しました。
・整形外科、内科、循環器科疾患で、病状が安定して回復期に入った患者様に対して、日常生活援助と在宅支援

  や介護施設への復帰支援を行っています。また、リハビリテーションを一日2単位以上行っています。
・医師、地域連携室、相談課、リハビリテーション科と連携して、患者様と家族の方へ退院支援と退院後のケアに

  ついての必要なサポートをしています。

  

 

■4階病棟
一般(40床)

 

 

 

 

 

ステキなナース宣言

 

仕事の『楽しさ』や『達成感』、同僚との『連帯感』が得られる。

そんな職場づくりを目指しています!

主な診療科
整形外科・脳神経外科・神経内科・外科・内科
看護の状況
・整形外科の周術期・回復期、脳外科の急性期及びガンマナイフ治療、内科では循環器及び呼吸器疾患の急性期
  治療の必要な患者様の看護を行っています。
・急性期看護、慢性期看護、周術期看護、回復期看護及び若年層から高齢者まで全ての健康レベル・発達段階の
  患者様の看護を展開しています。
・個々のニーズに沿って適切で責任ある看護と継続した看護ケアの提供を目指しています。
・組織のメンバーの一員として、各自が役割を発揮できるようチーム活動の活性化に取り組んでいます。
 

 

■5階病棟
一般(40床)
 
 
 3S!ステキナース宣言!

 

Sensitive = 感性豊かに

Sincerely = 誠実に

Smiley = いつも笑顔で

 

患者様との信頼関係を大切にできる看護師をめざしています

主な診療科
整形外科・ガンマナイフ・内科・消化器内科・循環器内科・神経内科・外科・麻酔科
看護の状況
・一般内科疾患、循環器内科疾患、消化器内科(内視鏡検査)、整形外科の周術期、脳外科の急性期と慢性期、
  ガンマナイフ治療の患者様の看護をおこなっています。
・急性期看護、最先端治療のガンマナイフ治療の看護からレスパイト入院患者、ターミナル期、終末期を迎える
  患者様と家族の方への看護まで幅広い看護ケアの提供が求められています。
・ガンマナイフ治療患者様は、精神的サポートが必要であり満足していただけるよう努めています。
・医師・コメディカルとのチーム医療推進に力を入れるとともに、退院への援助のため地域連携・相談課と活発
  に連携しています。
 
 

■回復期リハビリテーション2階病棟(50床)

主な診療科
脳神経外科・整形外科・リハビリテーション科・外科
看護の状況
・平成24年9月から回復期リハビリ病棟として運用を開始し、平成27年1月から回リハ施設基準1を取得しています。
・平成28年4月1日から、50床の回復期リハビリ2階病棟として新たなスタートを切りました。
・脳外科と整形外科の回復期の患者様が在宅を目指して入院されており、リハビリを一日9単位実施しています。
  患者様の日常生活援助を行うとともに、在宅復帰・社会復帰に向けて必要なサポートをしています。
・医師・看護・リハビリ・地域連携室・コメディカルとチーム医療を展開し、患者様・家族の方を支援しています。
 

 

■回復期リハビリテーション3階病棟(50床)

主な診療科
脳神経外科・整形外科・リハビリテーション科・外科
看護の状況
・平成28年4月1日から、50床の回復期リハビリ3階病棟 として運用を始めました。
・医師をはじめ看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、相談員、社会福祉士などの専門職がチームで
  医療を展開し、早期の社会復帰・在宅復帰を目 指して支援しています。
・一日9単位の機能訓練と退院後の生活を保障するための日常生活援助を行っています。
・チーム医療を展開して患者・家族を支援しています。
 

 

■手術室・中央材料室

  

 

 

 

3つの手術室をフル稼働。整形外科手術を主として、年間約800件近い手術を行っています。

特徴と方針 :

・手術室3室 で整形外科・外科・脳外科・麻酔科の手術を行っています。
・年間約800件のうち整形外科の手術が95%以上を占めています。
・手術が円滑に行われ、患者様が安全・安楽に手術を受けて頂けるよう、周手術看護に力を入れています。
・術前・術後訪問では、情報収集や患者様とのコミュニケーションを図り、精神的援助を行っています。
・専門的知識・熟練した技術・正確な判断力・豊かな人間性で手術室看護に臨み、質の高い周術期看護を
  目指しています。
 

 

■外来
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特徴と方針
・13診療科の外来診療とガンマナイフ治療・ペインクリニック、健康診断、人間ドック・脳ドック、在宅往診診療を実施
しています。一日の外来患者様は平均175名です。
・膠原病外来では、生物学的製剤での治療、整形外科の日帰り手術に対応し、臨床工学科と共に内視鏡検査(GF・
CF)や胃廔増設・胃廔交換を実施しています。
・救急指定として、洛西・ 西京・右京・亀岡・乙訓・南丹などからの救急要請と時間外診療に対応しています。
・待ち時間の短縮に努め、安心・安全・安楽で患者様に満足していただける看護の実践を目指しています。
 

 

先輩からのメッセージ