トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

薬剤部

方針・理念

当院薬剤部では「薬のあるところ、薬剤師の関与あり!」「笑顔の見える薬剤師」をモットーに、他部署とのかかわりを大切に、病院内での薬剤師の役割について考えるよう心掛けています。
 
「薬のあるところ、薬剤師の関与あり!」
院内には、薬局以外にも病棟をはじめ外来処置室、診察室、透析室、手術室等、様々な場所に薬剤が配置されており、その全ての薬剤の管理を薬剤師が行っています。
 
「笑顔の見える薬剤師」
患者様にとって薬剤師とはどういう存在なのか。どういう存在であるべきか。常に患者様の視点に立って業務が行える環境作りを考えています。とにかく顔を覚えてもらい、「薬のことは何でも聞いて下さい!」と笑顔で言える薬剤師の育成に努めています。
また、他の医療スタッフとの連携にも力を注ぎ、チーム医療にも積極的に参画し、薬剤師の職能を発揮しているところです。
 

医療技術内容

薬局の業務は、今や調剤だけでなく、ベッドサイドでの患者様・ご家族への服薬指導をはじめとする患者様一人一人への薬剤管理、血液検査結果に基づく薬剤の副作用回避、安全な化学療法のためのミキシング、医療安全管理、薬事委員会の運営、薬剤に関する情報提供、医療スタッフからの質疑応答、薬局内および院内勉強会の開催等、チーム医療への参画、薬学生の指導など、多岐にわたります。
 
主な院内医療チームへの参加は、
① 感染制御対策チーム(ICT)…患者様の薬物血中濃度から抗菌剤の至適投与量を解析し、医師に報告、抗菌薬の適正使用を推奨しています。
 
② 栄養サポートチーム(NST)…注射薬のカロリー計算をはじめ、患者様に合わせた栄養療法と薬学管理を行います。
 
③ 医療安全管理委員会…薬局でのヒヤリ・ハット報告を行い、他部署と情報共有し、原因と対策についての協議、事故防止に向けタイムリーな業務改善を行っています。
 
④ 薬学部6年制に伴い、長期実務実習を受け入れています。(本年度実績2名)
   ・日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師・・・2名
   ・日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師・・・4名
   ・スポーツファーマシスト・・・1名
   ・日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム(NST)専門療法士・・・1名