トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

臨床工学科

 

方針・理念

常に保守点検の行き届いた良質な医療機器を患者様に提供できるよう医療機器安全管理業務の充実化に力を入れています。

患者様に高度な医療を提供する為、日々進化複雑化する生命維持管理装置の操作及び技術習得の為積極的な研修や講習会に参加し必要な資格がとれるような教育プログラムの元で個々のスキルアップを図っています。

他職種との連携を密にとるコミュニケーション能力を身につけ医療安全に努められるよう心掛けています。

 
 

医療技術内容

医療機器管理業務

医療機器を一元管理化し、各使用部署のニーズに合った機器の提供ができるような取り組みを行っています。

医療機器の日常点検、ラウンド業務、定期点検、修理業務(オーバーホール含む)を行っています。

人工呼吸器管理は装着時立ち合いから、ラウンド業務、メンテナンス業務、トラブル対応に努めております。

 

高気圧酸素療法業務

脳外科領域、整形外科領域の疾患を主な対象とし、治療にあたっております。高気圧酸素治療とは通常の大気圧よりも高い気圧環境の中で高濃度の酸素を適用することにより、主に低酸素血症に起因する虚血性疾患等の病体の改善を図ろうとする治療装置です。

 

消化器内視鏡業務

内視鏡室で使用する医療機器の点検管理業務や洗浄業務を行っております。また上下部消化管検査だけでなく、ポリープ切除術や胆管造影、胃瘻造設等多岐にわたる検査介助業務も臨床工学科が主体となって業務に取り組んでおります。

 

院内研修

新規に購入した医療機器について正しい取り扱い方法の院内研修を行っています。

定期的に輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、除細動器、AED(BLS含む)について院内研修を行っています。