トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

外科

 方針・理念

消化器外科学において腹腔鏡下手術は広く普及してきました。腹腔鏡手術は良性疾患の胆嚢摘出術に始まり、早期大腸癌手術へと適応を広げ、続いて食道から直腸に至る管腔臓器癌の手術へと適応拡大を続けてきました。また、潰瘍性大腸炎、クローン病、虫垂炎、ヘルニアなどの良性疾患も腹腔鏡手術の良い適応となってきました。一方、開腹手術の利点は、病変部位全てを一望にして病変を根こそぎ切除する必要がある局所進行癌、再々手術例のような腹腔内癒着例、高度炎症病変などに良い適応となります。当院では受診された方の疾患の状況、手術既往、全身状態等を勘案して、最も適切な術式を選択してご提案し、治療致します。

乳腺外科も、どのような手術が最も患者さんに負担が少なくて、再発の少ない結果を得ることが出来るかという命題にこたえるために工夫されてきました。乳房切除か、部分切除か、局所手術でよいのか。センチネルリンパ節生検は、放射線治療は、抗癌剤治療は、ホルモン療法は。いずれも患者さん毎に最も適切な組み合わせをご提案して治療致します。

肛門外科で最も多い痔核の手術も切除一辺倒であった時から、ジオン注入という治療法が開発されて、術後痛くない方法が普及しました。しかし、これもジオン一辺倒では無理がでます。内痔核が最も多いですが、外痔核、痔瘻、肛門腫瘍、直腸脱など、患者さんの疾患の状態に応じて、最も良い術式やその組み合わせをご提案して治療致します。

 

  氏名 役職
永井 利博 顧問兼外科部長
経歴

日本外科学会 専門医

日本消化器病学会 専門医

日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医

マンモグラフィー読影認定医

麻酔科標傍医

米国外科学会 フェロー

医学博士