トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

リハビリテーション科

方針・理念

リハビリテーションには患者さんの心身機能を回復するだけでなく、人間らしく生きる権利を回復するという基本的な理念があります。その基本理念をもとに患者さんの心身機能に対する治療を行い、他職種と連携を図りながら退院後の生活に沿ったリハビリテーションを提供することが私たちセラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の役割です。また御家族に対して治療内容の説明、介助・訓練指導、福祉用具など環境調整に関する提案を行い、患者さんおよび御家族のQOL(生活の質:Quality of Life)を高め、安全・安楽な在宅生活が送れるよう取り組んでおります。

当院ではリハビリテーション専任医の指示に従い、患者さんの症状を確認した上で理学療法、作業療法、言語療法の対応ができるよう準備しております。実施にあたって患者さん御本人および御家族に対し、担当者よりリハビリテーションの内容について説明させて頂き、同意を得て行っております。

 

診療内容

 

当院では現在、理学療法士9名、作業療法士2名、言語療法士1名、受付事務1名が常時勤務しており、外来・入院を問わず個別にリハビリテーションが行えるように、運動器リハビリテーション(Ⅰ)、脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅱ)、廃用症候群リハビリテーション(Ⅱ)、呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)の施設基準を取得しております。そして疾患や怪我による機能障害の大小に関わらず、リハビリテーションの適応があると判断された患者さんに対し、主治医・専任医の指示の下でリハビリテーションを実施しております。脳血管疾患、内部疾患や外科手術後の廃用症候群、慢性呼吸器疾患のほか整形外科疾患ほかに対して、機能訓練だけでなくADL(日常生活動作:Activities of Daily Living)訓練および作業活動や言語療法、摂食機能訓練を行うことで、患者さんの在宅復帰や復職あるいは御家族の介護負担の軽減など、ニーズに応じたリハビリテーションを提供しております。
患者さんの在宅生活に対して援助できるよう、当施設内にある通所リハビリテーションや訪問リハビリテーションに力を入れております。