トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

臨床工学部

臨床工学部理念

 

    医療従事者として、いち人間としての志を持ち、真心のこもった医療を提供する

    高度医療を提供する中で専門分野でのエキスパ-トを目指す

    医療の安全を提供するため、正しい知識を養え、常に質の高い機器管理を行う。

    コミニュニケ-ション力を養え、他部署との連携を円滑に行う。

 

スタッフ紹介

 
役職名 氏名 備考
部長 松室 明義 副院長兼循環器内科部長
主任 水野 勝博  臨床工学技士(呼吸療法認定士)
技士 杉本 涼  臨床工学技士

 

業務内容

医療機器管理業務

輸液ポンプやシリンジポンプなど医療機器の集中管理を行い、機械の貸し出し業務、保守点検業務を行っています。医療機器を集中管理する事で機械の稼働率、修理にかかるランニングコストの把握、機械更新時期の把握などが行いやすく、効率的なため行っています。

保守点検業務は、当院の医療機器を3か月に1回、定期点検を行う事で故障を、いち早く

見つけ、修理を行い、常に精度の良い機械を提供できる事。また、故障率を可能な限り減らし、修理コストを削減する働きをしています。


 

 ※主な業務内容

①輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器の貸し出し

②輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、除細動器、生体情報モニタ-の点検、修理

③院内ラウンド業務

④その他、医療機器の修理、保守点検業務

 

 

心臓カテーテル検査業務

  心臓カテ-テル検査は、医師、看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、放射線技師が業務を行っています。冠動脈造影(CAG)からカテ-テル治療(PCI)心室の造影、ペースメーカー植え込み、電池交換(デバイス交換)などを行っています。

 

臨床工学技士は

    清潔物品の準備

    医師(術者)の補助的業務(直接介助)

    大動脈内バル-ンパンピング(IABP)の操作、使用中点検、保守点検

    経皮的心肺補助装置(PCPS)症例発生時の対応、管理

    ポリグラフの操作

    血管内超音波(IVUS)の操作、記録

    除細動器使用時の補助

     などの業務を行っています。

 

 

ペースメーカー、ICD、CRTD関係業務

外来に来られる患者様、入院されている患者様にペースメーカー、ICD、CRTDが埋め込まれていると、まず点検に伺います。リ-ド抵抗、電池に問題があった場合は医師に報告し、交換を進めたり、ペースメーカー外来の日がございますのでその日は医師と臨床工学技士が診察室で患者様のデバイスを点検し、医師に診察、診断を行っていただいています。

また、画像診断(MRI)検査を行う場合は、検査前後で点検を行います。

 

 

人工呼吸器管理業務

当院に入院されている患者様に呼吸器が装着されている場合、必ず朝、夕方にラウンドし、呼吸器の点検を行っています。最近、非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)やネ-ザルハイフロー、ASVなど挿管を必要としない呼吸療法が発達しており、当院でも心不全を起因した呼吸不全の患者様や、気管支喘息、肺繊維症、肺水腫など呼吸器が必要とされる患者様の予後が良くなるように臨床工学技士が機械を選択し、医師に相談して呼吸治療に携わっています。院内には挿管下の人工呼吸器は4台保有しており、非侵襲の治療を行う場合は選択した機械のメ-カ-からレンタルでお借りし、患者様の治療に貢献しています。

 

血液浄化業務

急性血液浄化として、腎不全、敗血症、多臓器不全など循環動態が悪化してしまった場合に行う持続的血液濾過透析(CHDF)や、エンドトキシン吸着療法(PMX)、難治性腹水症の患者様から腹水を取り出し、濾過、濃縮する腹水濾過濃縮再静注法(CART)などもおこなっています。

 

人材育成

清仁会は4病院あり、臨床工学技士の人材育成に力を入れています。

当院では、個人個人の性格、学力、モチベ-ションを指導者が評価、判断し、スタッフに

適合した育成方法を行っており、積極的に発言できる環境の作成に取り組んでいます。

また、スタッフが色々な業務を習得できるように、ローテーションを行っていく方向を考え、全員が、同じレベルで業務できる組織作りに取り組んでいます。