トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

薬剤部

方針・理念

今日の医療では,いろいろな病気を治療する上で,お薬なしには考えられないことがとても多くなっています。最近話題の多い臓器移植も,優れた免疫抑制剤が開発されたおかげで,とてもうまく行えるようになったのです。こうした最先端の医療ばかりでなく,糖尿病,高血圧症,胃潰瘍といった身近な病気も,お薬が進歩したおかげで随分うまく治療が行えるようになっています。このように,お薬は治療上とても大切なものとなっていますが,うまく使わないと病気が治りにくいということも起こりえます。したがって,お薬が効果的に使われるように,いろいろなお手伝いをするのが薬剤部の役割です。

お薬と聞くと,必要以上に副作用のことを気にされる患者さまもいらっしゃいますが,お薬のことをよく知り,決められた用法や用量をまもってのんで頂ければ心配はいりません。そのため,外来患者さまには「お薬の説明文書」をお渡しするとともに、「薬の相談窓口」を設置し,いつでもお薬に関するご質問・ご相談に応じています。また,入院患者さまには薬剤師が病棟に出向き,お薬の説明をしたり,予想される副作用や相互作用のチェックなどを行っています。(薬剤管理指導業務)

今後とも,医師とともに,患者さま一人一人の薬物治療がうまく行えるように努力を積み重ねていきたいと考えています。

 

 

業務内容

 ・散剤・錠剤・水剤・外用剤などの調剤(処方箋チェックを含む)
 ・注射剤の調剤
 ・薬に関する情報提供(主として医師向け)
 ・お薬相談・お薬説明(外来患者さま向け)
 ・薬剤管理指導業務(入院患者さま向け)
 ・市販されていない特殊な薬剤の作成(院内製剤)
 ・血液製剤の管理
 
 

スタッフ紹介

職 名
氏 名
薬剤部長
前川 孝史