トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

神経内科

 

培養した神経細胞

Ⅰ ご挨拶

神経内科で扱う疾患には一刻を争う急性疾患も最後の看取りまで関わる慢性疾患も含まれます。診断から治療、そしてリハビリ、家族の支援など、トータルに関わる神経内科とすることを目標にしています。いつでも外来受診をしていただき、患者さんおよび家族のお力になれればと思います。

 

Ⅱ 診療科のご案内

脳、脊髄、手足の神経全般と神経に支配される筋肉の疾患を鑑別診断し治療に結びつけ科です。

 

具体的に分類した代表的な疾患は以下のものがあります。

 

1:神経変性疾患: 神経難病(ALS、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、パーキンソン症候群、多系統萎縮症、多発性硬化症、神経線維腫症 等)

認知症(アルツハイマー病、びまん性レビー小体病 等)

2:脳血管障害: 脳梗塞、脳出血(保存的治療)、

歩行障害、嚥下障害、構語障害、失語など通所リハビリ(OT,PT,ST)と

並行して外来受診していただきます。

3:感染症: 脳炎、髄膜炎、帯状疱疹 等

4:末梢神経障害:ギランバレー症候群、CIDP, 糖尿病性末梢神経障害 等

5:めまい、ふらつき、一過性意識消失発作:

脳低動脈循環不全、小脳性疾患、聴神経腫瘍、前庭神経炎、メニエール病

6:脊髄疾患: 頚椎症、腰椎症、脊髄梗塞、脊髄腫瘍 等

脊髄神経が圧迫されることにより、肩こり、頭痛、痺れ、力がはいらない

といった症状が出ます。

7:筋疾患; 重症筋無力症、筋緊張性ジストロフィー、筋炎 等

8:てんかん、二次性痙攣発作、けいれん重積:

中高年に発症するけいれんが増加しています。痙攣は脳へ障害を与えます。内服を守ることにより起こさないことが最も重要です。

9:頭痛: 片頭痛、群発頭痛、筋緊張性頭痛(頸椎症から起こります) 等

10:内科疾患に伴う神経障害: 甲状腺機能低下症、ビタミン欠乏症、肝性脳症、

ウエルニッヶ脳症(アルコールの多飲) 等

 

当科でしている社会福祉医療は

特1 特定疾患神経難病指定申請(公金補償)、身障申請、介護認定

特2 訪問看護、訪問リハ、訪問医療、ショートステイ

 

担当医

 

  氏 名 役 職
井上 千尋 部長
経 歴

京都大学医学部神経科学臨床神経内科学 医学博士
日本神経学会 専門医

日本内科学会 認定医