トップ > 病院について > 洛西ニュータウン病院の特徴

洛西ニュータウン病院の特徴

光と緑の病院

光と緑の病院

京都市西部・西山連峰のふもとに位置し、豊かな自然に包まれた病院です。 四季折々の色鮮やかな情景に、川のせせらぎ、鳥のさえずりが聞こえてくる落ち着いた環境です。 お身体だけでなく心も癒していただける病院でありたいと願っております。

こちらをご覧ください。


幅広い診療体制

幅広い診療体制

内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、外科、 整形外科、形成外科、脳神経外科、泌尿器科、皮膚科、婦人科、眼科、
耳鼻咽喉科、歯科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科と17診療科があり、診療体制が大変充実しています。

こちらをご覧ください。


検診センター

検診センター

健診センターは、いわゆる「協会けんぽ」の生活習慣病予防健診の指定を受け、①生活習慣病予防健診、②特定健診、特定保健指導、③人間ドック(脳ドックを含む)などの健診事業を実施しています。受診に当たっては予約が必要ですのでお問合せ下さい。 また、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会施設画像評価委員会に認められた、検診精度管理の線量、画質基準を満たすマンモグラフィ検診施設です。

こちらをご覧ください。


地域医療連携室

地域医療連携室

地域の皆さまが必要とする診療を、早く的確に提供できるよう医療連携のネットワークを網羅しております。地域の医療機関が連携することで、患者さんそれぞれの症状に適した医療をより近く、よりこまやかに受けていただくことが可能になります。

こちらをご覧ください。


安心して温かい看護

安心して温かい看護

本来のホスピタルの意味(=客をもてなす所)を大切にし、家庭的な温かい雰囲気をつくっています。 患者さんのおひとりおひとりに優しさと思いやりの心をもって、安全で質の高い信頼される看護を提供します。

こちらをご覧ください。