トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

薬剤部

 

 方針、理念

お薬による治療が計画通り進行する。

 

安心で安全な薬物治療を実施する。

 

 

この方針を実行する為に次のような業務を展開しています。

 

 

①持参薬のチェック

必要に応じて、入院の際に持参された医薬品をチェックさせて頂いています。このことにより、入院後の診療がスムーズに展開します。

 

 

 

 

 

② 一回服用分一包装

内服薬は、患者様が服薬しやすいように、また、間違いなく服用することができるように、何種類かのお薬を服薬のタイミングごとに分包して調剤しています

 

 

 

 

 

 

③ 高カロリー輸液(TPN製剤)の無菌調整

感染症などの合併症のリスクを軽減させるため、TPNの調整をクリーンベンチ内、無菌管理下で行っています。

 

 

 

 

 

④抗ガン剤投与予定(計画)表のチェック

抗ガン剤は使用量の設定が難しく、また副作用が出やすい医薬品です。医師、看護師、薬剤師などが一体になって使用状態をチェックし、モニターします。 

 

 

⑤ 注射薬一回分払出

手間はかかりますが、一回分がセットされることによって注射の実施が間違いがなく、スムーズになります。 

 

 

⑥ 注射用抗菌剤使用リスト作成

抗菌薬を長期に使い続けることにより、耐性菌が出現しやすくなります。患者様ごとにリストを作成し、長期連用にならないようチェックしています。 

 

 

特定の耐性ブドウ球菌に使用する専用抗菌剤の有効血中濃度解析実施

個々の患者様によって異なる医薬品の使用量を、薬効発現と副作用発生防止の観点からコンピューターソフトによって解析し、医師に情報提供しています。 

 

 

 

入院患者様へ服薬の指導と医薬品の管理を実施

必要に応じ、服用されているお薬についての情報提供とご相談、服薬状況のモニターとチェック、投薬中のお薬のトータル管理を実施しています。