トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

放射線科

方針・理念

撮影の間しか患者様と接する時間がありませんので他部署以上に患者様を優先とし、なるべく気分よく撮影が終了するように技師たちは常々気を付けております。また検査内容によっては放射線科にとどまりませんので他の検査との連携に注意を払い、なるべく患者様の負担にならないように日々気を配るように心がけております。

 

 

医療技術内容

①一般撮影……胸や骨などをX線を利用して撮影します。現在はフイルムからモ ニターに移行し各データを一括して比較できるようになっています。また移動型撮影装置で重症患者様の場所まで出張撮影もいたします。骨密度撮影装置は短時 間で骨密度の測定が可能となっています。

 
②透視撮影……もちろん胃や大腸の検査が主ではありますが、消化器系の検査や整形外科領域での骨の整復にと幅広く利用しています。
 
③CT撮影……人体を断面的に診断するための装置です。頭から足まで利用範囲は広く、現在は連続データを再構築することで3D画像や任意の断面を得ることが可能となっています。
 
④MRI撮影……磁力によって人体のあらゆる部分を任意な断層像として撮影できます。また同一断面を異なるパラメーターの撮り方で撮影することで質的な診断も可能となります。
⑤血管撮影……造影剤と呼ばれるX線検査用薬剤を直接血管に流し、その流れを連続撮影することにより血管の診断が可能となります。