トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

消化器内科

方針・理念

「おなかが痛い」「食欲がない」「便通の調子がおかしい」などいわゆる消化器症状のある方を診断・治療する診療科です。

一過性の症状でも胃潰瘍・胃癌・大腸癌などが潜んでいることもありますので、診断には問診を行ったうえ内視鏡検査を行っています。

 

 

診察内容 

内視鏡検査には胃・十二指腸を観察する胃内視鏡と大腸を観察するために大腸内視鏡検査があります。胃内視鏡検査は苦しいというイメージがありますので、通常の方法以外に安楽に検査を受けていただけるように細径内視鏡を用いて鼻から(経鼻)も行っています。また軽い鎮痛剤を用いて行うことも可能です。

 

胃潰瘍・胃癌の原因にはヘリコバクタ・ピロリ菌が関与していますので除菌治療を行います。

大腸癌は食生活の欧米化で最近増加している疾患です。自覚症状のある方はもちろん、検診で便潜血が陽性の方や癌年齢の方は受けられることをお勧めします。検査にてポリープが発見された場合、適応例には内視鏡的に切除いたします。

 

消化器内科では肝胆膵領域の診療も行います。上記の自覚症状の原因検査のため、血液検査・腹部超音波検査・CT・MRI検査を行い、胆石・胆のう癌・膵炎・膵癌・肝臓癌などの診断を行います。

 

京都府立医科大学付属病院から専門医の応援体制もとっています。