トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

平成29年度 医療安全 全体研修

 先日、医療安全の全体研修を実施しました

 

今回のテーマは

「セーフティマネジメントから見た医療事故防止対策

KYT(危険予知トレーニング)の感性を高める」という目的で研修を開催しました

 

・院外からの講師に、KYTに関しての講義

 ・事例に基づいてのグループを実施しました

 

 

事例としては

・入浴、シャワー浴介助中

・点滴しながらの車いす移動

の際に考えられる潜伏危険、危機ポイント、危機対策、安全目標を

グループワークにて考えてもらいました。

 

 

 

ヒューマンエラーの事故を防止するためには

①危険への感受性を鋭くし

②要所要所での集中力を高め

③安全衛生推進へのやる気を強める

ことが大事であること。

気付きの能力を身につけるよう心がけ日常の業務にあたることが必要であると

講師に学び「自分では気づかなかった意見、考えを聞くことができて参考になった」

「今後の業務に活かしていきたい」などの声が多くあり看護部だけでなく

医療安全は全職種に関係することであると認識してもらえたと思っています

 

病院という組織は全職種が患者さんを包み込むことが重要であると私は思っています

そのために絶対不可欠で必要なのは

 

同職はもちろん、他職種間でのコミュニケーション

 

であると断言できると思います

 

風通しのよい職場環境が患者さんを守るにつながります

今後も、医療安全を考え実践しながら

より良い職場環境作りも行っていきたいと思います